どうしてSSLを導入している企業が増えているのか?

SSLを導入するメリットとは - 企業認証SSLとは

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    企業認証SSLとは

    クイック認証SSLよりも審査基準が厳しくなっているのが、企業認証SSLとなっています。
    企業認証SSLは、クイック認証SSLのようにドメインだけを審査するのではなく、法的にその証明書に表示される企業や組織が存在しているのかを確認することになります。
    ですから、実際に存在しておらず法的に認められていない企業は、企業認証SSLの申請をしても審査で通らないということになります。
    証明書に表示される企業名などを偽装することはできないようになっていますからインターネットユーザーも、証明書を見れば、法的に認められている組織が運営をしているということが分かるのです。
    認証局は申請をした企業や組織を第三者データベースで調べます。
    団三者データベースとして、DUNSや帝国データバンクなどで照会されることになります。
    そして、法的に確かに存在していると判明したら、次は代表電話番号に実際に電話をして繋がるかを確認し、本当に企業認証SSLを導入するのかを確認してきます。
    確認を撮ったらSSL導入を承諾をしてSSL証明書の発行をするのです。
    利用者としても、クイック認証SSLとは違って、認証局が第三者機関を使って調べたうえでSSL証明書を発行してもらっているということが分かりますから信頼性も高くなります。
    ですから、企業や組織として運営をしているウェブサイトにSSLを導入したいと考えているのであれば、企業認証SSLの導入を検討するようにしたほうがいいでしょう。
    現在、多くの人がネットサービスを利用したり、ネットバンキングを利用したりしています。
    これに伴い、悪質な第三者が、大手ウェブサイトなどの成りすましをしてフィッシング詐欺をするという事件が相次いでおり、年々被害者の数も増えていっています。
    そのため、インターネットユーザーも、サイトとしての安全性や個人情報の保護に力を入れているサイトかどうかを意識するようになりました。
    これによって、インターネットユーザーはサイトにアクセスをした際に、SSLを導入して、利用者の個人情報の保護をしているかどうかを判断したりするようになったのです。
    もしも、自分がアクセスをしたサイトが偽物だった場合、自分のクレジットカードや住所、パスワードなどの重要な情報が悪質業者に知られてしまうことになります。
    ですから、そのサイトが安全だとしても、SSLを導入していないサイトなのであれば、信頼性と安全性が低いとして、そのウェブサイトを利用しないようにしたりするといったケースが増えてきています。
    反対にSSLを導入しているサイトは個人情報の保護をしていたり、第三者機関から認証されているサイトだということで、利用しやすくなっているのです。
    そのため、企業もSSLを導入して今利用している人たちが離れないように対策をしていっているのです。
    今後、SSLの必要性はさらに高くなっていき、SSLを導入していないネットサービスなどは淘汰されていくことになるのではないでしょうか?

    Copyright(C)2014どうしてSSLを導入している企業が増えているのか?All Rights Reserved.